企画・セミナー等情報 一覧

「一般公開」の記載がある事業は、一般の方にご参加いただける事業です。その他の事業は非公開です。事業の成果を出版する際にはお知らせします。

ポートランド・ワークショップ

日  程 2008/11/14〜2008/11/15 開催地 米国・ポートランド/ポートランド州立大学
事業概要 日本における交通・通信の近代化と実業家(渋沢栄一など)の役割について、画像資料を利用した報告と質疑応答を皮切りに、(1)実業家が近代のアジア太平洋地域の経済文化交流に果たした役割と(2)万国博覧会が技術導入に果たした役割について、ケース・スタデイーを行う。

関西大学寄附講座

日  程 2008/09/24〜2009/01/14 開催地 大阪府吹田市/関西大学
事業概要 「日中関係と東アジア」と題する本寄附講座では、2008年度から3年間、関西大学秋学期の大学院授業及び市民向けの公開講座として開講される。今年度は「東アジアの過去、現在と未来」をテーマとし、内外の著名な講師に、過去の歴史を振り返り、現実を踏まえ、未来の姿を語ってもらう。

第2回比較倫理思想ブレーンストーミング

日  程 2008/07/31〜2008/08/03 開催地 奈良/ホテル日航奈良
事業概要 渋沢栄一の思想と行動に大きな影響を与えた東アジアの思想(儒教思想、仏教思想など)では、西洋の民主主義社会(民主主義、シヴィル・ソサエティ、資本主義)をどのように理解しているかを分析し、その共通点と相違点を明らかにするプロジェクト(2009−2011年の3年間)。今回のブレーンストーミングでは森本公誠・東大寺長老を講師に招き、「シヴィル・ソサエティと宗教ー仏教徒イスラム教の比較を通じて」というタイトルで講話をいただく。

東京大学ヘボン-渋沢講座

日  程 2008/07/31〜2008/08/06 開催地 東京/東京大学
事業概要 渋沢栄一がその開設に尽力した東京大学法学部ヘボン講座(米国の憲法・歴史・政治外交研究)の開設90周年を記念して行われる講座。今年度は同大学大学院法学政治研究科の正規授業科目として、クライド・ウィルコックス:ジョージタウン大学教授が「米国の国内選挙において利益集団が果たす役割」というテーマで、集中講義(英語)を行う。
  • 一般公開

東京大学ヘボン-渋沢記念講座シンポジウム

日  程 2008/7/30 開催地 東京/東京大学
事業概要 テーマ:アメリカ大統領選挙と日米関係
パネリスト:クライド・ウィルコックス ジョージタウン大学教授
マイケル・マスタンドゥーノ ダートマス大学教授
北岡伸一 東京大学教授
司会:久保文明 東京大学教授

慶應義塾大学寄附講座

日  程 2008/04/15〜2008/07/08 開催地 東京/慶應義塾大学三田校舎
事業概要 シヴィル・ソサエティ論総括編「地球的課題と個人の役割」
1. シヴィル・ソサエティを拓く
2. シヴィル・ソサエティを担うアクター
3. 個人と世界をつなぐ価値観の共有

渋沢ジュニアフェローシップ・渋沢交換学生奨学金

日  程 2008/4/1〜2009/3/31 開催地 日本
事業概要 関西大学と華中師範大学との学生交流協定にもとづいて日本で研究活動を行う中国の学生(1年間で3名)に対して奨学金を支給する。

余英時教授講演会

日  程 2007/10/4 開催地 大阪/関西大学
事業概要 2008年度から開始を予定している関西大学での「渋沢栄一記念財団寄附講座」のプレ事業として、同大学で開催される余英時教授の講演会を支援する。

日の出ずる社会の豊かさを実現する資本主義のイノベーション会議

日  程 2007/9/9 開催地 東京/国際文化会館
事業概要 「プロジェクト13%」による企画。
基調講演: 内閣府特別顧問 イノベーション25会議 座長 黒川 清
「21世紀の日本のイノベーション」
パネル: 明治の政・学・実から学ぶ社会的イノベーション
対談: 新しい時代の資本主義とは
  • 一般公開

研究会

日  程 2007/6/25 開催地 東京/国際文化会館
事業概要 講師:ローレンス・マルソー氏(オークランド大学准教授)
「板木と活字−近世から近代への印刷と出版−」("Woodblocks and Moveable Type: Printing and Publishing from the Early Modern to Modern Japan")

2007渋沢北米セミナー

日  程 2007/06/14〜2007/06/18 開催地 米国・セントルイス/Cedar Creek Conference Center
事業概要 I. History of Entrepreneurship in U.S. - Japan - China II. Institutional Environment III. Culture and Entrepreneurship IV. Case Studies of Entrepreneurship の4つのセッションに別れ、米国、中国、日本3ヶ国の企業家精神の比較を行った。

渋沢栄一研究史プロジェクト

日  程 2007/04/01〜2008/03/31 開催地 東京
事業概要 渋沢栄一に関する研究が国内外でどのようにおこなわれてきたのか(研究史)を明らかにし、栄一研究の基盤整備を行う。初年度は経済経営分野に限定し調査を行う。

慶應大学寄附講座

日  程 2007/04/01〜2007/07/31 開催地 東京/慶應大学三田校舎
事業概要 シヴィル・ソサエティ論II 「世界に貢献する日本を創るシヴィル・ソサエティ」

第5回ABJプロジェクト「ふたつの二国間関係:英米関係と日米関係の比較研究」ケンブリッジセミナー

日  程 2007/03/25〜2007/03/26 開催地 英国・ケンブリッジ/ケンブリッジ大学
事業概要 "Shibusawa/Suntory Workshop in Cambridge? On the Two Bilateral Relations with the Superpower"

Japan Anthropology Workshopでのパネル

日  程 2007/03/14〜2007/03/17 開催地 ノルウェー・オスロ/オスロ大学
事業概要 パネル"Shibusawa Keiz? and the Possibilities of Social Science in Modern Japan" にて発表

第1回比較倫理思想ブレーンストーミング

日  程 2006/12/17〜19 開催地 東京/渋沢栄一記念財団研究部 会議室(JCIE)
事業概要 ---
  • 一般公開

研究会

日  程 2006/12/14 開催地 東京/渋沢栄一記念財団本部1階会議室(西ヶ原)
事業概要 講師:鶴見太郎氏(早稲田大学文学部助教授、日本近現代史)
テーマ:戦時下の渋沢敬三−民俗学への現代的課題−
  • 一般公開

研究会

日  程 2006/10/6 開催地 東京/渋沢栄一記念財団研究部 会議室(JCIE)
事業概要 講師:佐藤健二氏(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
テーマ:柳田国男の読み方−新しい全集を素材に

渋沢フィラデルフィアセミナー

日  程 2006/09/14〜2006/09/16 開催地 米国・フィラデルフィア
事業概要 ---

第3回渋沢国際儒教セミナー"Trans-Pacific Relations: East Asia and the United States in the 19th and Early 20th Centuries"

日  程 2006/09/08〜2006/09/10 開催地 米国・プリンストン/プリンストン大学
事業概要 2004年度からの3年計画で、毎年春にチーム・メンバーによるネット・ワークショップを2回、秋に知名度の高い学者も加わった国際セミナー(仮称:The Shibusawa International Seminar on Confucian Studies)を1回開催する。