協力事業

ICA SBA(国際アーカイブズ評議会 ビジネス・アーカイブズ部会)

 情報資源センターでは、国際アーカイブズ評議会(ICA)に加盟してビジネス・アーカイブズ部会(SBA)運営委員会に委員を送り、ビジネス・アーカイブズや企業史料関係の国際ネットワークと協力して活動しています。
 また、日本の企業史料関係の情報を世界に発信するとともに、メールマガジン「ビジネス・アーカイブズ通信」を発行し海外の情報を日本語で提供しています。
 2011年5月には部会運営委員会を東京で開催、それに伴い国際シンポジウム「ビジネスアーカイブズの価値」も開催されました。

更新日 2015年4月1日

ICA:国際アーカイブズ評議会

 国際アーカイブズ評議会 (International Council on Archives)はアーカイブズ(記録資料・文書館)とアーカイブズを扱う専門家であるアーキビストに関する国際的な非営利団体で、ユネスコの支援のもとに1948年6月9日にパリで設立されました。記録ならびにアーカイブズの管理と活用のため、またアーカイブズ遺産の保存を促進するために、アーカイブズと記録管理に関わる専門的な問題、またアーカイブズ機関の経営と組織に関する経験、研究、アイデアを共有することに努めています。
 ICAは年次会議を毎年開催し、意思決定ならびに、戦略的・専門的な課題を国際的に討議しています。その他4年に一度アーカイブズ国際会議を開催しています。
 また、ICAには地域ごとの集まりである地域支部、専門分野別の集まりである部会が存在します。会員は、A会員(国立公文書館、またはそれに相当する機関)、B会員(専門職・専門機関によって構成される団体、またはそれに相当する団体)、C会員(個別の機関会員)、D会員(個人会員)、いずれかのカテゴリーに登録しています。

SBA:ビジネス・アーカイブズ部会

 ビジネス・アーカイブズ部会 (Section for Business Archives) は、企業アーカイブズ部門と企業において作成・取得され長期にわたって保管されるアーカイブズ資料に対する関心を国際的に高めること、さまざまな実務上のガイドラインの開発や研究、公的機関のアーカイブズとの協力を図ることを目的としています。前身にあたるSBL(Section for Business and Labour Archives : 企業・労働アーカイブズ部会)を2014年秋に改組、名称変更したものです。旧SBLは1990年に、それまで企業史料に関する事項を扱ってきた委員会が中心となって結成されたものです。

SBAのメンバー

 個人・団体あわせて約100のICAの会員が現在SBAに所属しています。地域的にはヨーロッパの企業アーカイブズ、大学アーカイブズ、個人を中心として、次いで北米大陸のアーカイブズ、アーキビストが多く所属します。近年アフリカ、アジアの企業アーカイブズ、企業史料所蔵機関のメンバーが増加しています。
SBAメンバー一覧

SBA運営委員

 SBAでは約20名のメンバーが運営委員として部会の運営に当たっています。運営委員会の会議は毎年1~数回、世界各地で開催されます。
SBA運営委員

SBAの活動

 部会運営委員会では「企業史料国際比較 (Business Archives in International Comparison)」[PDF770KB]という国別の企業史料、ビジネス・アーカイブズ活動の現況に関する調査を行いウェブ上で発表しているほか、 アウトリーチのためのリーフレット[PDF 49KB] を作成し部会の広報に活用しています。またアメリカ・アーキビスト協会(SAA)のような各国の専門職団体や歴史家協会、ビジネス・アーカイブズ関連機関と協力して、セミナーやシン ポジウムを開催しています。これらは、SBAのプレゼンスを国際的に高め、企業アーカイブズに関する社会的関心を向上させ、また企業アーカイブズの実務を支援する重要な活動と位置付けられています。

▼ 2015年度

 2015年度は6月にイタリア・ミラノ市内で部会運営委員会と2日間の国際シンポジウム「最良のビジネス・アーカイブズを作る:高い利益をもたらす?」を開催する予定です。

▼ 2014年度

 2014年度は4月にイギリス・ロンドンのロスチャイルド・アーカイブズで部会運営委員会を、ユニリーバ社で2日間にわたる国際シンポジウム「工場からフェイスブックへ:ビジネス・アーカイブズに関わる新たな方法」を開催しました。

▼ 2013年度

 2013年度はスイス・バーゼルのロッシュ社で、2012年度と同様、4月に部会運営委員会開催と合わせて、2日間のシンポジウム「危機、信頼、そして会社史」を開催しました。

▼ 2012年度

 2012年度はデンマーク・コペンハーゲンのA.P.マースク社で4月に部会運営委員会の開催と合わせて、2日間のシンポジウム「絶えず心を配る...21世紀のビジネス・アーキビスト」を、さらに8月にはブリスベンでのICA大会 において、部会として「ビジネス・アーカイブズ:持続可能性、信頼、アイデンティティ」のセッションを開催しました。

▼ 2011年度

 2011年度は5月に東京の渋沢栄一記念財団で運営委員会を開催するのに合わせて、国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの価値」が開催されました。ここでは世界各国の部会運営委員による発表と議論が行われました。

東京にて

▼ 2010年度

 2010年度は、5月にフランス・ブロワ市のサンゴバン社アーカイブズで、部会運営委員会会議とシンポジウム「会社史 :経営に奉仕するツール」が開催されました。 さらに8月のワシントンDCにおけるアメリカ・アーキビスト協会(SAA)年次大会では、SAAのビジネス・アーカイブズ・セクションとの共同企画も開催されました。

フランスのブロワ市にて

▼ 2009年度

 2009年度は6月にフィンランドのミッケリ市で部会運営委員会会議と国際セミナー「変化のなかのビジネス・アーカイブズ」が、 12月にはインドのプネーで同じく部会運営委員会会議と国際セミナー「ビジネス・アーカイブズ:実務の現況と課題」が開催されました。その 他、9月にアルゼンチンで開催されたアルゼンチン・アーカイブズ・デーには部会の議長と副議長がビジネス・アーカイブズに関する発表を行っています。

フィンランドのミッケリ市にてインドのプネー市にて

参考資料(英文)

企業史料国際比較(Business Archives in International Comparison)[PDF 770KB]
ICASBAアウトリーチ・リーフレット [PDF 49KB]
ICASBAのメンバー一覧

一覧へ戻る