企画・セミナー等情報 詳細

  • 一般公開

出版記念シンポジウム 国際交流に託した渋沢栄一の望み ー「民」による平和と共存の模索

日  程 2020年2月14日 開催地 日本・東京 国際文化会館

600に及ぶ社会事業に携わってきた渋沢栄一。本シンポジウムでは、第一次世界大戦を前後する日本社会の状況を再確認しながら、渋沢の関与した国際交流事業と米中日関係について注目します。渋沢の国際社会に対する姿勢や、平和実現に向けた思考を問いながら、その国際交流活動の実践と現代的意義を、メディアの役割を含めて考えます。

日 時

2020年2月14日(金) 14:30~16:40 (開場14:00)

会 場

国際文化会館 樺山・松本ルーム

(東京都港区六本木5-11-16)

主催・お問合せ

公益財団法人渋沢栄一記念財団

〒114-0024 東京都北区西ヶ原2-16-1 事業部 研究センター

Tel: 03-3910-2314(火~土10:00-17:00)

Fax: 03-3910-2849

参 加

入場無料・申込不要 どなたでもご参加いただけます。

テーマ

戦間期の米中日関係と渋沢の国際交流

司 会

見城 悌治(千葉大学教授)

趣旨説明

飯森 明子(早稲田大学アジア太平洋研究センター特別センター員)

パネリスト 報告1

櫻井 良樹(麗澤大学教授、第1章執筆者):日本の国際化と渋沢栄一の「国際道徳」

パネリスト 報告2

高光 佳絵(千葉大学准教授、第5章執筆者):民主化潮流と国際通信社設立への思い

パネリスト 報告3

于 臣横浜国立大学准教授、第9章執筆者):中国メディアによる報道と渋沢栄一のジレンマ-1914年の中国訪問を手掛かりに

討論者

酒井 哲哉(東京大学教授)

一覧へ戻る