企画・セミナー等情報 詳細

  • 一般公開

「論語とそろばん」セミナー2023(オンライン)

日  程 配信期間 2023年3月1日~3月31日 開催地 オンラインセミナー(録画配信)

 西洋の経済・社会諸制度を日本へ導入し近代日本経済の基盤を築いた渋沢栄一(1840-1931)は、論語を行動の指針としていました。本セミナーでは「論語とそろばん」に象徴される渋沢栄一の思想と行動について研究者、経済人、各界リーダー等の講義を通して理解を深めるとともに、21 世紀の日本社会のあるべき姿や企業経営等について、参加者の皆様と共に考えます。

開催概要

「論語とそろばん」セミナー2023
主催:公益財団法人渋沢栄一記念財団、東京商工会議所
協賛:みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
企画監修:守屋淳(作家)
形式:オンラインセミナー(録画配信)
定員:500名
参加費:3,000円
(渋沢栄一記念財団、東京商工会議所、みずほリサーチ&テクノロジーズ会員は2,000円)
申込み:要事前申込み
配信期間:2023年3月1日(水)~3月31日(金)

渋沢栄一に関する質問を募集します!

 本セミナーアンケートでは、毎回「もっと渋沢栄一について知りたい」という声を多くいただいております。今回も、そのお声に少しでもお応えするべく、渋沢栄一に関する質問を募集します。是非皆さんのご質問をお寄せください。

  • ご質問は申込み専用フォームにご入力ください
  • ご質問受付締め切り 2023年1月16日(月)

申込み方法、参加費

申込み方法

こちらの専用フォームからお申込みください

※スマートフォンからの申込みの場合、正しく表示・動作しない場合がございます。その際はお手数ですが、パソコンから申込みくださいますようお願い申し上げます。


お支払い情報の送付、お支払い

セミナー係より、メールにてお支払い情報の案内をお送りいたします。

お支払いは、指定銀行口座へのお振込みでお願いいたします。

※振込手数料はお客様のご負担にてお願いいたします。


配信情報の送付

参加費のお支払い確認後、セミナー係より下記の配信情報をお送りいたします。

・動画視聴用URL

・ID、パスワード

・動画視聴のための推奨環境、ご視聴の手引き

※2023年2月下旬にお送りいたします。

※配信期間以外は、アクセスしてもご覧いただくことができません。

参加費

一般:3,000円
会員:2,000円

(渋沢栄一記念財団、東京商工会議所、みずほリサーチ&テクノロジーズの会員)

お支払い方法

指定銀行口座振込
※振込手数料はお客様のご負担にてお願いいたします。

締切

2023年3月15日(水)

※定員に達し次第終了いたします。

注意事項
  • 申込みから1週間たってもセミナー係より連絡がない場合は、お手数ですがお問合せ先までご連絡ください。

  • 本セミナーでは、お申込み受付からセミナー参加に必要な情報(お支払い情報、動画視聴用URL等)の送付まで、全てメールでご案内をしております。そのため、「論語とそろばん」セミナー係からメールをお送りした後、リターンメール(エラーメール)がなければ、申込者へメールが届いているものとみなさせていただきます。お手数でございますが、迷惑メール等の設定をされている方は、あらかじめ受信許可の設定をした上でお申込みくださいますようお願いいたします。

  • 申込書にご入力いただいた情報は本セミナーに関するご連絡のために使用させていただくほか、今後のセミナー開催や当財団のサービス案内の配信のために使用させていただくことがあります。

  • ID・パスワード配信後のキャンセルについては、参加費の返金はいたしかねますのでご了承ください。

  • 本セミナーは申込みいただいた方のみご視聴いただけます。1端末につき1名様でのご視聴をお願いいたします。

  • 撮影、録画、録音やホームページ・ブログ・SNS等のインターネット上へのアップロードはご遠慮下さい。

お問合せ

公益財団法人渋沢栄一記念財団「論語とそろばん」セミナー係
メールアドレス:rongo2023★shibusawa.or.jp (★をアットマークに変えてお送りください)
対応日:火~土 10:00~17:00
※日、月、祝日休み、月曜日が祝祭日の場合、翌日はお休みになります。

企画監修・インタビュアー

守屋 淳(もりや あつし 作家)

 作家として中国古典や、渋沢栄一などの近代の実業家についての著作を刊行。グロービス経営大学院アルムナイスクール特任教授。2018年4~9月トロント大学倫理研究センター客員研究員。著訳書に六十万部の『現代語訳 論語と算盤』や『現代語訳 渋沢栄一自伝』など。

講師

松本 和明(まつもと かずあき 京都産業大学経営学部マネジメント学科教授)

 1970年東京都生まれ。明治大学大学院経営学研究科博士後期課程を経て、99年長岡短期大学専任講師。2003年長岡大学専任講師、12年教授。19年より現職。明治大学大学院兼任講師、株式会社第四北越フィナンシャルグループ社外取締役(監査等委員)や新潟日報読者・紙面委員を兼務。近著に『はじめての渋沢栄一』(共著、2020年)等。

北 康利(きた やすとし 作家)

 昭和35年12月24日、愛知県名古屋市生まれ。
 著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞受賞)、(講談社)、『稲盛和夫伝 利他の心を永久(とわ)に』(PHP研究所)、『乃公出でずんば 渋沢栄一伝』(KADOKAWA)、『本多静六 若者よ、人生に投資せよ』(実業之日本社)などがある。

大山 健太郎(おおやま けんたろう アイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長)

 19歳で家業を継承、大山ブロー工業所(現アイリスオーヤマ)代表者に就任。
グループ国内工場17カ所。1992年アメリカ、1996年中国、1998年オランダなど現地法人を設立し、現地生産、現地販売で事業を展開。
 地方から世界で展開するグローカル企業に成長させ、現在に至る。

井上 潤(いのうえ じゅん 公益財団法人渋沢栄一記念財団業務執行理事、渋沢史料館顧問)

 開館当初の渋沢史料館の学芸員時代から2004年の館長就任以降を通して、情報発信力、関係諸機関とのネットワーク強化に努めた。主な著書に、『渋沢栄一-近代日本社会の創造者』(山川出版社、2012年)、『渋沢栄一伝-道理に欠けず、正義に外れず』(ミネルヴァ書房、2020年)等がある。

一覧へ戻る