企画・セミナー等情報 詳細

  • 一般公開

『論語と算盤』読書会

日  程 2019/9/18~2020/7/15 開催地 日本・東京/北とぴあ、渋沢史料館

 渋沢栄一(1840-1931)は約500社の企業の設立に携わり日本近代経済の基盤を築いた一方、600余りの社会・教育事業を手がけました。幅広い分野で活躍した渋沢は『論語』を行動の拠り所とし、『論語と算盤』という本を残しました。近年では『論語と算盤』の現代語表記本や現代語訳などが相次いで出版され、渋沢の思想から経営、仕事、人生のヒントを得ようとする関連書も多数出版されています。

 渋沢栄一記念財団では2011年から『論語と算盤』の読書会を開催しています。講師に『現代語訳 論語と算盤』の訳者・守屋淳氏を迎え、毎月1回1章ずつ取り上げて少人数で内容をじっくり語り合います。11か月間の読書会終了時には、参加者一人ひとりがアドバイザーとなって『論語と算盤』の読書会を開けるようになることを目指します。『論語と算盤』の愛読者にも、これから読みたいという方にもご参加いただき、その経験を将来的に仕事、教育、研究、生涯学習、人事研修、地域活動などに活かしていただけることを願っています。

『論語と算盤』読書会 概要

日程

2019年9月~ 2020年7 月 月1 回 毎月第3 水曜日 全11 回

2019年
 (1)9月18日 (2)10月16日 (3)11月20日 (4)12月18日

2020年
 (5)1月15日  (6)2月19日 (7)3月18日 (8)4月15日 (9)5月20日 

 (10)6月17日 (11)7月15日

時間 午後7時~9時
会場

(1)~(7)  北とぴあ8階802会議室(地図・アクセス

      〒114-8503 東京都北区王子1丁目11−1

(8)~(11) 渋沢史料館(地図・アクセス

※渋沢史料館リニューアル工事のため、以下の期間を休館いたします。

 休館期間:2019年9月1日(日)~2020年3月27日(金)

定員 30名程度
参加費 3,000円(初回受付の際に現金でお支払ください)
講師 守屋 淳(作家)
内容 第1回...渋沢栄一と『論語』についての講義
第2~11回...『論語と算盤』全10章から毎回1章ずつ取り上げ、参加者全員でディスカッション
テキスト 渋沢栄一著『論語と算盤』(角川ソフィア文庫) [渋沢史料館オンラインショップへ]
申込方法 下記申込書に必要事項をご記入の上、メール、ファックス、郵便で事務局までお送り下さい。応募人数多数の場合は、事務局と講師で参加者の選考を行います。
締切 2018年8月26日(月)
参加に関する正式なご案内は9月上旬にお送りします。

お申込・お問合せ

公益財団法人渋沢栄一記念財団 研究センター
〒114-0024 東京都北区西ヶ原2-16-1
Tel 03-3910-2314 Fax 03-3910-2849
E-mail:
researchcenter address.jpg

講師のご紹介

1965年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。大手書店勤務を経て、現在は中国古典、主に『孫子』『論語』『老子』『荘子』『韓非子』などの知恵を現代にどのように活かすかをテーマとした、執筆や企業での研修・講演を行う。『現代語訳 渋沢栄一自伝』(平凡社新書)『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書)『ビジネス教養としての「論語」入門』、『最高の戦略教科書 孫子』(日本経済新聞出版社)など。 ホームページ http://chineseclassics.jp/

過去の読書会参加者のコメント

参加者のバランスが取れていて、様々な視点の意見が聴くことができました。自分の考えを、立場の違う方に、どうわかりやすく話すかの訓練になりました。また自分自身のミッション、ビジョンを継続的に考えるとても良い機会にもなっています。(IT、40代、男性)

講師の守屋先生の博識、参加者個々人の経験に基づいた見識で、毎回、『論語と算盤』の新しい"読み方"が増えていきます。基本的な課題は、論語の時代、渋沢翁の時代、そして現代も共通に思えてきました。"今"を考える上で、大変参考になります。(公務員、50代、男性)

渋沢翁の考え方を参加者と共有し、改めて現代に通じる学びを得ることの他、言葉に含まれる意味の捉え方が人によって違うこと、様々な業種・年齢の方の本に対する意見から現代の経済や社会全体に対する意見を聴けること、また聴いていただくことが勉強になりました。(東京都、20代、女性)

一覧へ戻る