企画展示 詳細

常設展示 手紙にみる幅広い交流 開催中

旧幕府関係者からの手紙

会期 2016年12月09日(金)~2019年08月31日(土)

当館の常設展示「手紙にみる幅広い交流」では、渋沢栄一に送られた様々な書簡を紹介しています。今回は、旧幕府関係者から送られた書簡をご覧いただきます。

みどころ

幕末期に一橋家に仕え、やがて幕臣となった渋沢栄一は、明治維新以降も旧幕臣やその子弟、関係者などと公私にわたる交流をしていました。その交流の一端を、榎本武揚や幕末維新期に徳川慶喜に近侍していた川村正平(恵十郎)などの書簡を通して紹介します。

展示書簡 (全て渋沢栄一宛て・順不同)

(1)黒川芙蓉(嘉兵衛)書簡  明治10年12月9日付 
    *元一橋家用人、幕府目付。

(2)川村正平(恵十郎)書簡  年未詳(明治3~6年頃)1月23日付
    *元一橋家十人頭、徳川慶喜が将軍に就任以降、近侍。維新後、明治政府出仕、東照宮禰宜。

(3)矢野次郎(二郎)書簡  年未詳(明治11年ヵ)2月27日付
    *元幕府外国方訳官。維新後、明治政府出仕、東京商法講習所(後に一橋大学)所長。

(4)梅沢守義(孫太郎)書簡 明治8年3月24日
    *元一橋家用人、幕府目付。維新後、静岡に移り、徳川慶喜に近侍。

(5)榎本武揚書簡 年未詳5月9日付
    *旧幕府海軍副総裁。箱館戦争で新政府軍に敗れ投獄。その後、農商務、外務などの大臣を歴任。

開催概要

  • 会期 2016年12月9日(金)~2019年8月31日(土)
  • 会場 渋沢史料館 常設展示室(東京都北区西ヶ原2-16-1 飛鳥山公園内)
  • 開館時間 10:00~17:00 *最終入館は16:30
  • 休館日 開館カレンダー参照
  • 入館料 大人300円 / 学生(小中高生)100円 *その他、各種割引有
  • 主催 公益財団法人渋沢栄一記念財団 渋沢史料館

一覧へ戻る