渋沢栄一関連会社名・団体名変遷図 典拠資料

対外事業:朝鮮半島A 〔対外事業〕【実業・経済】

【実業・経済】

2010年10月8日作成 / 2017年8月1日改訂

社名一覧:クリックすると各社の典拠資料へ飛びます。 栄一関連会社は栄一関連会社、栄一関連後身会社は栄一関連後身会社を表わします。

第一国立銀行[在韓国支店](株)第一銀行[在韓国支店]韓国興業(株)韓国拓殖(株)韓国倉庫(株)東洋拓殖(株)(株)韓国銀行朝鮮興業(株)(株)帝国銀行[在韓国支店]

栄一関連会社第一国立銀行[在韓国支店] 名称使用年:1878~1896 渋沢栄一の関わり:頭取
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 韓国ニ於ケル第一銀行(第一銀行、1908)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第16巻p5-61
『主要企業の系譜図』図番号 20.1-4
ウェブサイト
補記:1873年東京に設立、1878年韓国に釜山支店開業。1880年以降韓国内に支店・出張所を多く開設。
栄一関連会社(株)第一銀行[在韓国支店] 名称使用年:1896~1943 渋沢栄一の関わり:頭取
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 韓国ニ於ケル第一銀行(第一銀行、1908)、第一銀行史(第一銀行、1957-1958)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第16巻p61-354
『主要企業の系譜図』図番号 20.1-4、20.1-7
ウェブサイト
補記:1905年より韓国の中央銀行の役割を担う。1909年業務を韓国銀行へ引き継ぎ、京城・釜山支店のみ存続。1943年(株)帝国銀行の支店となる。
栄一関連会社韓国興業(株) 名称使用年:1904~1913 渋沢栄一の関わり:監督
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 朝鮮興業株式会社二十五年誌(朝鮮興業株式会社、1929)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第16巻p589-611第54巻p380-383
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1904年設立、目的は日韓貿易奨励のための農業改良事業。1909年韓国倉庫(株)を合併。1910年韓国拓殖(株)を合併。1913年朝鮮興業(株)と改称。
栄一関連会社韓国拓殖(株) 名称使用年:1906~1910 渋沢栄一の関わり:相談役
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 朝鮮興業株式会社二十五年誌(朝鮮興業株式会社、1929)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第16巻p636-637
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1906年創立。開墾事業。1910年韓国興業(株)に合併。
栄一関連会社韓国倉庫(株) 名称使用年:1907~1909 渋沢栄一の関わり:相談役
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 朝鮮興業株式会社二十五年誌(朝鮮興業株式会社、1929)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第16巻p617-621
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1907年設立。1909年韓国興業(株)に合併し解散。
栄一関連会社東洋拓殖(株) 名称使用年:1908~1945 渋沢栄一の関わり:設立委員、調査委員長、株主代表
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 閉鎖機関とその特殊清算(在外活動関係閉鎖機関特殊清算事務所、1954)p278-293
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第56巻p695-700第54巻p404-408
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1908年東洋拓殖法公布、創立総会。韓国における拓殖事業。1945年連合国により閉鎖機関に指定、1952年解散。
栄一関連会社(株)韓国銀行 名称使用年:1909~1911 渋沢栄一の関わり:設立委員
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 第一銀行史(第一銀行、1957-1958)、朝鮮銀行史(東洋経済新報社、1987)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第50巻p302-319
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト 全国銀行協会TOP>銀行図書館>銀行変遷史データベース>韓国銀行 http://koueki.net/bank/details.php?bcode=5863 (2010/10/5確認)
補記:韓国銀行条例にもとづき韓国における中央銀行として設立。第一銀行在韓国支店の業務を引継ぐ。
栄一関連会社朝鮮興業(株) 名称使用年:1913~1945 渋沢栄一の関わり:功労により屏風受贈
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 朝鮮興業株式会社二十五年誌(朝鮮興業株式会社、1929)、〔日帝下植民地地主制研究:日本人会社地主朝鮮興業株式会社の事例を中心に〕(〔ヘアン〕、2010)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第54巻p380-383
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:韓国併合により1913年改称。1945年38度線以南の耕作地は新韓公社が接収、それ以外は不明。
栄一関連後身会社(株)帝国銀行[在韓国支店] 名称使用年:1943~1945
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 第一銀行史(第一銀行、1957-1958)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所
『主要企業の系譜図』図番号 20.1-4、20.1-7
ウェブサイト
補記:1943年第一銀行(1896-1943)と三井銀行(1909-1943)が新立合併、帝国銀行となる。1945年京城支店は朝鮮商業銀行に、釜山支店は朝鮮銀行に業務一切接収。