• 渋沢研究 第27号

渋沢研究 第27号

商品コード: 07-027

販売価格: 1,000 (税込)

編著者 渋沢研究会 編
発行所 渋沢史料館
発行年 2015年
ページ数 142, 6p
概要 幅広い渋沢栄一の活動を研究対象とする「渋沢研究会」の紀要(年1回発行)。
目次情報 『渋沢研究』刊行・第二ステージにあたって / 島田昌和 【p1】
『渋沢研究』創刊にあたって / 片桐庸夫 【p2】
論文: 満州国建国と子供・少女と乙女の役割 : 満州国少女使節と協和会女性使節を中心にして / 是沢博昭 【p3-26】
論文: 戦間期軍関係者の日米交流 : 日米協会の活動記録から / 飯森明子 【p27-44】
論文: 第一次世界大戦期の対中国経済外交と商業会議所 : 阪谷芳郎の幣制改革顧問就任問題を中心に / 久保田裕次 【p45-66】
研究ノート: 渋沢栄一研究のグローバル化 : 合本主義・『論語と算盤』 / 木村昌人 【p67-80】
研究ノート: 渋沢栄一と地域経済界の形成 : 新潟県長岡地域の事例 / 松本和明 【p81-94】
書評: 片桐庸夫著『渋沢栄一の国民外交 : 民間外交のパイオニア』(藤原書店、2013年12月) / 池井優 【p95-101】
書評: Edited by Masato Kimura and Tosh Minohara, "Tumultuous decade : empire, society, and diplomacy in 1930s Japan" (University of Toronto Press, 2013) / 広部泉 【p103-106】
書評: 石井里枝著『戦前期日本の地方企業 : 地域における産業化と近代経営』(日本経済評論社、2013年2月) / 島田昌和 【p107-112】
書評: 谷ヶ城秀吉著『帝国日本の流通ネットワーク : 流通機構の変容と市場の形成』(日本経済評論社、2012年2月) / 高橋周 【p113-119】
書評: 山本長次著『武藤山治 日本的経営の祖』(日本経済評論社、2013年8月) / 石井里枝 【p121-127】
新刊紹介: 石井寛治著『帝国主義日本の対外戦略』(名古屋大学出版会、2012年8月) / 片桐庸夫 【p129-133】
新刊紹介: 松村正義著『金子堅太郎 : 槍を立てて登城する人物になる』(ミネルヴァ書房、2014年1月) / 飯森明子 【p135-136】
新刊紹介: 長谷川直哉・宇田川勝編著『企業家活動でたどる日本の金融事業史』(法政大学イノベーション・マネジメント研究センター叢書5) (白桃書房、2013年3月) / 江頭武男 【p137-138】
渋沢研究会の動向(2014年1月~12月) / 島田昌和 【p139】
『渋沢研究』への寄稿について 【p141】
編集後記 / 島田昌和 【p141】
渋沢研究会 会則 【p142】
『渋沢研究』 一覧

PAGETOP