• 渋沢研究 第20号

渋沢研究 第20号

商品コード: 07-020

販売価格: 1,000 (税込)

編著者 渋沢研究会 編
発行所 渋沢史料館
発行年 2008年
ページ数 94, 21p
概要 幅広い渋沢栄一の活動を研究対象とする「渋沢研究会」の紀要(年1回発行)。
目次情報 『渋沢研究』刊行にあたって / 片桐庸夫 【p1】
論文: 戦間期の日米協会 : 多角化する国際交流とその限界 / 飯森明子 【p3-21】
論文: 企業勃興期における地方企業の設立と人的ネットワーク : 両毛鉄道会社を事例として / 石井里枝 【p23-45】
研究ノート: 渋沢栄一と塙保己一 : 我が国の障害児教育史の視点から / 堺正一 【p47-66】
研究ノート: 『渋沢栄一伝記資料』編纂に関する記録調査 : 『竜門雑誌』掲載記事を中心として / 山田仁美 【p67-81】
書評: 松浦利隆著『在来技術改良の支えた近代化 : 富岡製糸場のパラドックスを越えて』(岩田書店、2006年1月) / 富永憲生 【p82-87】
新刊紹介: 関東学院大学バプテスト研究プロジェクト編『バプテストの歴史的貢献』(関東学院大学出版会、2007年3月) / 佐野安仁 【p88-90】
渋沢研究会の動向 (2007年1月~12月) / 片桐庸夫 【p91-92】
『渋沢研究』への寄稿について 【p93】
編集後記 / 片桐庸夫 【p93】
渋沢研究会 会則 【p94】
論文: When liberalism faced nationalism : a study of Hu Shih and China Institute of Pacific Relations / Ouyang Junxi 【p(3)-(21)】
『渋沢研究』 一覧

PAGETOP