• 渋沢研究 第14号

渋沢研究 第14号

商品コード: 07-014

販売価格: 1,000 (税込)

編著者 渋沢研究会 編
発行所 渋沢史料館
発行年 2001年
ページ数 58, 46p
概要 幅広い渋沢栄一の活動を研究対象とする「渋沢研究会」の紀要(年1回発行)。
目次情報 『渋沢研究』刊行にあたって / 片桐庸夫 【p1】
論文: 在米日本人移民からみた日米人形交流 : 移民法改正運動から国際文化交流へ / 是沢博昭 【p3-26】
研究ノート: 社会福祉関係資料の保存をめぐって : 滝乃川学園の場合 / 中村修 【p27-38】
書評: 歴史と方法 編集委員会編『歴史と方法 4・帝国と国民国家』(青木書店、2000年9月) / 長幸男 【p39-47】
書評: 高橋彦博著『法政大学大原社会問題研究所叢書 戦間期日本の社会研究センター : 大原社研と協調会』(柏書房、2001年2月) / 島田昌和 【p48-53】
新刊紹介: 近藤雅樹編『図説 大正昭和くらしの博物誌 : 民族学の父・渋沢敬三とアチック・ミューゼアム』(河出書房新社、2001年3月) / 加藤隆志 【p54-55】
渋沢研究会の動向(2000年10月~2001年9月) / 井上潤 【p56】
『渋沢研究』への寄稿について 【p57】
編集後記 / 影山礼子 【p57】
渋沢研究会 会則 【p58】
論文: John B. Condliffe, William L.. Holland and the Institute of Pacific Relations' research and publication program / Paul F. Hooper 【p(3)-(16)】
論文: The return of Japanese businesses to the world community : the International Chamber of Commerce after the Second World War / Masato Kimura 【p(17)-(40)】
書評: John E Van Sant, Pacific pioneers : Japanese journeys to America and Hawaii, 1850-1880 (University of Illinois Press, 2000) / Jon Davidann 【p(41)-(43)】
『渋沢研究』 一覧

PAGETOP