1. TOP
  2. 一般書
  3. 渋沢栄一関係書
  4. 国際交流に託した渋沢栄一の望み : 「民」による平和と共存の模索(渋沢栄一と「フィランソロピー」 5)
  • 国際交流に託した渋沢栄一の望み : 「民」による平和と共存の模索(渋沢栄一と「フィランソロピー」 5)

国際交流に託した渋沢栄一の望み : 「民」による平和と共存の模索(渋沢栄一と「フィランソロピー」 5)

商品コード: 03-051

販売価格: 4,180 (税込)



編著者 飯森明子 編著
発行所 ミネルヴァ書房
発行年 2019
ページ数 xi, 206, 8p
概要 渋沢栄一が関わった社会公共事業を考察したシリーズの第5作。第一次世界大戦前後の時代を中心に、渋沢が欧米・アジアで行った多様な国際交流事業を通し、国際認識と時代背景、社会貢献活動や影響を考察。その現代的意義を確認する。
目次情報 序章 排外主義から国際主義へ / 飯森明子
第I部 平和と共存に向けた「フィランソロピー」活動へのまなざし
 第一章 日本の国際化と渋沢栄一の「国際道徳」 / 桜井良樹
 第二章 渋沢栄一にとって英国とは何か / 木村昌人
 第三章 渋沢栄一と米国のフィランソロピー / 中嶋啓雄
第II部 国際交流活動における日本の実践
 第四章 博覧会と渡米実業団の交流 / ジェファー・デイキン, 翻訳・飯森明子
 第五章 民主化潮流と国際通信社設立への思い / 高光佳絵
  コラム1 渋沢栄一のブラジル植民事業支援 / 名村優子
 第六章 日本国際連盟協会と新たな国際問題への姿勢 / 飯森明子
 第七章 大災害支援にみる渋沢栄一と国際社会 / 飯森明子
  コラム2 アルメニア難民救済と渋沢栄一の慈善事業 / メスロピャン・メリネ
第III部 国際主義の体現とその限界
 第八章 近代日朝関係における渋沢栄一の役割とその継承者たち / 金明洙
 第九章 中国メディアによる報道と渋沢栄一のジレンマ : 一九一四年の中国訪問を手掛かりに / 于臣
  コラム3 渋沢栄一と汎太平洋同盟 / 飯森明子

  付録 渡米実業団(一九〇九年)関係資料
   一 参加者一覧
   二 渡米実業団訪問都市・コース一覧(一九〇九年)
  人名索引
  事項索引

PAGETOP