1. TOP
  2. 一般書
  3. 渋沢栄一著作
  4. 徳育と実業 : 錬金に流されず (Audio book series. 耳で聴く本オーディオブックCD)
  • 徳育と実業 : 錬金に流されず (Audio book series. 耳で聴く本オーディオブックCD)

徳育と実業 : 錬金に流されず (Audio book series. 耳で聴く本オーディオブックCD)

商品コード: 01-023

販売価格: 2,750 (税込)

編著者 渋沢栄一
発行所 パンローリング
発行年 2012年
ページ数 CD-ROM 5枚
概要 『渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず』(国書刊行会刊)を音声化したもの。
目次情報 Disk1: 1 タイトル. 2 刊行にあたって. 3 渋沢栄一 徳育と実業-錬金に流されず-について. 4 天とは何か. 5 孔子の天命観. 6 天と神と鬼. 7 私は孔子の説に従う. 8 私は宗教を好まない. 9 私の精神の安住地. 10 天命に安んぜよ. 11 道と理と. 12 道理の定義. 13 道理の識別. 14 誤らない識別法. 15 私の取る手段. 16 私の日課. 17 処世上の信念. 18 自分の力行で自分を養え. 19 国家のためには、あえて何でもする. 20 行動において天地に恥じない. 21 富を築くことについて. 22 軽快な活動. 23 私に大資産がない理由. 24 富豪の子息について. 25 成功の真の意義. 26 私はむしろ失敗者に味方する. Disk2: 1 維新以前の商工界. 2 卑下された商工業者. 3 実業界開拓の使命. 4 商工業道徳必要論. 5 商工業は不道徳に走りやすい. 6 本当の殖産には必ず道徳が伴う. 7 商業道徳の実行. 8 商業道徳の向上. 9 武士道の意義. 10 阿部忠秋の忠義. 11 商工業者は武士道を誤解している. 12 武士道すなわち実業道. 13 処世上の本当の意義. 14 本分に伴う報酬. 15 成功と失敗は必ずしも論じるに足らない. 16 義利合一論. 17 私の結論. 18 儒者に誤って伝えられた孔子、孟子の教え. 19 私のいわゆる黄金世界. 20 私たちが私たちに尽くすべき職分. Disk3: 1 世の人々に誤解される原因. 2 私は主義を実行するのみ. 3 道理に合わない要求には困る. 4 欺かれるのはしかたがない. 5 誤解する者が道理に反している. 6 論語と算盤. 7 論語読みの論語知らず. 8 仁義と富貴. 9 正当な富貴功名. 10 朱子学の罪. 11 孔子は単なる道学者ではない. 12 孔子の本質. 13 論語主義と権利思想. 14 孔子は釈迦やキリストとは成り立ちが異なる. 15 両極は一致する 16 人間が守るべき道としての孔子の教え. 17 論語にも権利の考え方はある. 18 人生観の主観と客観. 19 客観的とは何か. 20 主観的とは何か. 21 私はそのどちらをとるか. 22 孔子の説. 23 カーネギーの主義. 24 客観的人生観の効力. 25 養育院の浮浪人と主観的な生涯. 26 私の覚悟. 27 家訓を作った理由. 28 処世接物の綱領. 29 修身斉家の要旨. 30 子弟教育の方法. 31 私の家法. 32 愛国心を持つことは国民の自然なあり方である. 33 職業と人物にかかわらず、その心は一つである. 34 奉公とは何か. Disk4: 1 言動は忠信に行動は篤敬に. 2 言動が忠信で行動が篤敬なことは野蛮な国でも行われる. 3 知識、才能と行動. 4 益友と損友. 5 善友と悪友. 6 友を選ぶ際の心得. 7 へつらいと尊敬. 8 孔子の教えを疑う. 9 誤りやすい敬いの一字. 10 心に敬いを持つ必要がある. 11 敬いは普遍的なものである. 12 宴席や遊びの際にも敬いを欠いてはならない. 13 大きな物事、小さな物事. 14 仕事も精神的であれ、遊びも精神的であれ. 15 その事に心を集中せよ. 16 幸福は貧富によってもたらされるのではない. 17 孔子の教え. 18 本当の幸福を求めよ. 19 原因を先にして結果に及べ. 20 多弁はよいが虚言は悪い. 21 確信のある言葉は大いに必要である. 22 口舌から福祉が開ける. 23 いわゆる成功観. 24 批評を誤った成功論. 25 成功論者に警告する. 26 天道は正義に与する. 27 人としての務めに背いてはならない. 28 運命と知力. 29 まず道理から明らかにせよ. Disk5: 1 迷信と信仰. 2 迷信に対する幼年時代の私. 3 迷信から起こる弊害. 4 私の信仰観. 5 疑問のままの信仰. 6 私の安心立命. 7 ドイツ人と語り開発するところあり. 8 王政維新が容易に断行された理由. 9 人心を維持する教え. 10 宗教の衰退を心配しないでもよいのか. 11 道徳経済合一説. 12 警告

PAGETOP