1. TOP
  2. 一般書
  3. 渋沢栄一著作
  4. 国富論 : 実業と公益 (Audio book series. 耳で聴く本オーディオブックCD)
  • 国富論 : 実業と公益 (Audio book series. 耳で聴く本オーディオブックCD)

国富論 : 実業と公益 (Audio book series. 耳で聴く本オーディオブックCD)

商品コード: 01-022

販売価格: 2,750 (税込)

編著者 渋沢栄一
発行所 パンローリング
発行年 2012年
ページ数 CD-ROM 5枚
概要 『渋沢栄一 国富論 実業と公益』(国書刊行会刊)を音声化したもの。
目次情報 Disk1: [1 タイトル. 2 刊行にあたって. 3 「国富論 : 実業と公益」について. 4 第一部 公利公益のために 国家 国家と国民. 5 私には口をはさむ資格がある. 6 国家とは何か. 7 為政者の責任. 8 国民の責任. 9 社会 社会とは何か. 10 社会に対する悲観. 11 社会は向上進歩しつつある. 12 現代社会の欠陥は何か. 13 貧富の格差の問題. 14 公生涯と私生涯 公私両生涯の区別. 15 鉱山業の解剖. 16 公人としての私の態度. 17 私生涯の私の主義. 18 人に接する心得. 19 商業の真の意義 働きと職分を区別せよ. 20 公益と私利. 21 私利私欲の終局. 22 結論. 23 事業経営に対する理想 会社重役の職責. 24 商売に秘密はない. 25 禍の元はここに潜んでいる. 26 事業経営の理想. 27 第一銀行と私. 28 企業家の心得 企業家一般の注意.] Disk2: [1 企業要領. 2 第一か条、成立の可否. 3 第二か条、公私の利益. 4 第三か条、時期の適不適. 5 第四か条、人物のあるなし. 6 事業加入者の心得. 7 事業家と国家的な思考. 8 このような企業に伴う弊害. 9 国家的な事業とはどんなものか. 10 国家的思考の権化カーネギー氏 アメリカ漫遊. 11 ルーズベルト氏とタフト氏. 12 ハリマン氏とジェームス・ヒル氏. 13 カーネギー氏. 14 カーネギー氏の富に対する考え方. 15 財産が多いほど徳を発揮する人. 16 純粋な国家的考え. 17 カーネギー氏は聖人か. 18 将来の労働問題. 19 誤解されやすい社会問題. 20 工場法制定の結果は. 21 唯一王道あるのみ. 22 一得一失は社会の常時. 23 社会に対する富豪の義務 私の社会に対する覚悟. 24 時代の方向を見て考えよ. 25 救民問題は世界の輿論. 26 富豪に望む] Disk3: [1 地方繁栄策 都会の発達と地方の衰微. 2 人口の増減と衰微の関係. 3 地方救済策. 4 地方人に開放主義を希望する. 5 地方は国家の富の源である. 6 衣食住 建国の基礎は衣食住. 7 衣食住足りて世の中を知る. 8 程度において分限を守る. 9 あえて富豪の衣食住を促す. 10 貧乏暇なしの説 余裕のない暮らし. 11 稼ぐに追いつく貧乏なし. 12 孔子の言葉とルーズベルト. 13 第二部 人の生きざまについて 実業界から見た孔子 古人の孔子評. 14 異彩ある桜痴居士の評. 15 孔子の人格. 16 孔子の富貴功名観. 17 誤解されている孔子、孟子の教え. 18 私の晩年の抱負. 19 竜門社の訓言. 20 序詞. 21 私が論語主義をとるに至った動機. 22 朱子学から生じうる思い違い.] Disk4: [1 世の中の論語主義に対する誤謬を打破する. 2 千載不易な言であってもらいたい. 3 百年後の論語であるようにしたい. 4 米びつ演説 文明は室内装飾に似ている. 5 硯と墨と筆の任務. 6 その効能論. 7 米びつは私の理想である. 8 悲観と楽観 極端な二つの思潮. 9 悲観、楽観の実例. 10 なぜ達観しないのか. 11 白河楽翁公の犠牲的精神 公の人となり. 12 徳川氏百年の寿命を続けさせる. 13 感服すべき信仰心. 14 家斉と楽翁公. 15 縁の下の力持ち. 16 楽翁公と頼山陽. 17 養育院と楽翁公. 18 無学成功の三友人. 19 (一)三野村利左衛門氏 三井家の恩人. 20 三野村氏の進歩的な思想. 21 人を見る眼力.] Disk5: [1 (二)古河市兵衛氏. 2 古河氏と小野組の関係. 3 男らしい処置. 4 鉱業家としての古河氏. 5 足尾銅山の成功. 6 鉱山に対して猪突猛進. 7 古河氏の反面. 8 (三)田中平八氏. 9 田中氏は普通の投資家ではない. 10 相場にかけては思いきった人. 11 酒席における天下の糸平. 12 忘れがたき両先輩の親切 親切は成功の要素. 13 第一銀行の創立. 14 小野組の破産. 15 井上侯の親切. 16 伊藤公の忠告. 17 わが生涯の悔恨事 私の排貿易論. 18 その原因. 19 社会、風潮による感化. 20 井伊直弼大老を許す. 21 警告]

PAGETOP