渋沢栄一関連会社名・団体名変遷図 典拠資料

対外事業:旧満州B 〔対外事業〕【実業・経済】

【実業・経済】

2011年3月25日作成 / 2017年8月1日改訂

社名一覧:クリックすると各社の典拠資料へ飛びます。 栄一関連会社は栄一関連会社、栄一関連後身会社は栄一関連後身会社を表わします。

正隆銀行(株)正隆銀行(株)朝鮮銀行〔在満支店〕竜口銀行満洲銀行満洲興業銀行

正隆銀行 名称使用年:1906~1908
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 安田保善社とその関係事業史(「安田保善社とその関係事業史」編修委員会、1974)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1906年組合組織の日清合弁事業として営口に設立。
(株)正隆銀行 名称使用年:1908~1936
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 安田保善社とその関係事業史(「安田保善社とその関係事業史」編修委員会、1974)、閉鎖機関とその特殊清算(在外活動関係閉鎖機関特殊清算事務所、1954)p239-245
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1908年株式会社に改組。1925年竜口銀行を合併。1936年満洲興業銀行新立に参加し消滅。
栄一関連後身会社(株)朝鮮銀行〔在満支店〕 名称使用年:1913~1936
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 朝鮮銀行史(東洋経済新報社、1987)、安田保善社とその関係事業史(「安田保善社とその関係事業史」編修委員会、1974)、閉鎖機関とその特殊清算(在外活動関係閉鎖機関特殊清算事務所、1954)p239-245
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:朝鮮銀行は1913年より満州国内に支店を開設。他に1909年第一銀行より引継いだ安東県所在の支店がある。1936年満州国内支店は満洲興業銀行に委譲。
栄一関連会社竜口銀行 名称使用年:1913~1925 渋沢栄一の関わり:救済
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 朝鮮銀行史(東洋経済新報社、1987)p331、安田保善社とその関係事業史(「安田保善社とその関係事業史」編修委員会、1974)
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所 第55巻(p549)
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1913年日中合弁事業として満州に設立。1925年正隆銀行に合併。表記は「龍口銀行」。
満洲銀行 名称使用年:1923~1936
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 安田保善社とその関係事業史(「安田保善社とその関係事業史」編修委員会、1974)、閉鎖機関とその特殊清算(在外活動関係閉鎖機関特殊清算事務所、1954)p239-245
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1923年に満州の4銀行合併で新立。別表記「満州銀行」。
満洲興業銀行 名称使用年:1936~1945
有価証券報告書、法人移行文書等
社史・団体史等書名(出版者、出版年) 安田保善社とその関係事業史(「安田保善社とその関係事業史」編修委員会、1974)、閉鎖機関とその特殊清算(在外活動関係閉鎖機関特殊清算事務所、1954)p239-245
『渋沢栄一伝記資料』掲載箇所
『主要企業の系譜図』図番号 掲載なし
ウェブサイト
補記:1936年満洲興業銀行法により、朝鮮銀行の満州国内支店、満洲銀行、正隆銀行を統合し特殊銀行として設立。1945年閉鎖機関指定。別表記「満州興業銀行」。